明日2月14日はバレンタインデー。
女性の皆さんはデパートやチョコレート専門店でご準備に忙しいことと思います。

そんな今日は酒屋で販売しているチョコレートのお話です。
もう長い間好評をいただいているのでご存じの方も多いかも知れませんが、このチョコ、いやチョコレート・ボンボンは、本格焼酎で名高い宮崎の黒木本店が造っています。発売は1996年(平成六年)が最初で今年で19年目。この時期だけ黒木本店の特約店で限定発売されています。

チョコの製造を担当するのは延岡にある虎屋さん。
虎屋さんと黒木本店の黒木社長は以前から知人だったこともあり、「大変力を入れていただいている」(黒木本店・角上工場長)とのことです。角上工場長「去年からさらに味が変わっている(良くなっている)はずですよ」「中に入れている百年の孤独の原酒自体の質が上がっているうえに量も増量しています」ということです。

ボンボンとは中身に詰め物をしたひと口大のチョコレートの事ですが、この「焼酎屋のぼんぼん」は、中身が【百年の孤独】が詰められています。味は滑らかなチョコのビターな余韻ととても合う、百年の孤独(樽熟成された麦焼酎の原酒)のコクとバニラフレーバーが口中でとても贅沢な広がりと余韻を作りだしています。機会がございましたらぜひ一度ご賞味ください。

価格は1,620円(税込)です。

 

包装紙を取った写真も撮りましたが、ここでは掲載を止めておきます。
購入者様だけの楽しみにしておきます。

桐製の箱に収められています。

 

百年の孤独をチョコに詰めるとは、なんと贅沢なボンボンなのでしょうか。
世界には素晴らしい品質のお酒を詰めたボンボンがありますが、このボンボンも世界に紹介したいボンボンだと感じています。

 

お問い合わせ : 依田酒店TEL 055-222-6521